自転車ツーリング>●ツーリング用カメラの今昔

「カメラにフィルム、電池も持って行かないとな、5日間の
日程だから36枚撮りフィルムを3本程持っていけば足りる
かな?」などと準備を考えていたのは1985年頃の話。

現在は、「コンパクトデジカメ(軽量)とデジカメの電池かな、
フィルム代わりのメモリーカードは容量が十分な物を一枚入れ
ておけば1万枚程写真が撮れるな、単三電池が使えるデジカメ
なら、スペアの電池もいらないな、電池が切れたらコンビニで
買えばいいんだし・・・。」と、こんな具合でしょうか。

自転車ツーリングの思い出や記録を残すためにカメラを持って
いく人が大半だと思いますが、現在はデジカメが主流のため、
持っていく装備品は大幅に少なくなりました。

私が最近の自転車ツーリングに持っていっているデジカメは、
軽量コンパクト・防水機能付き・単三電池でも作動する、
というデジカメを持っていっています。

防水機能は、突然の雨などでハンドルに付けているツーリング
バッグに水が入っても心配はありません。

最近は2〜3日のショート自転車ツーリングであれば、デジカ
メは持たず、携帯電話のカメラで写真を撮っています。

携帯電話のカメラであればそのまま写真を送ることも出来、
家族や友人にリアルタイムで自転車ツーリングの様子を伝える
ことができます。

それにしてもスゴイ時代になったものです。昔は家に連絡する
のも公衆電話を探して連絡するしかありませんでしたから・・・。

自転車ツーリング

トップページ
●家出ツーリングの思い出
●自転車ツーリングとは?
●ツーリング用自転車の選び方
●ツーリング時装備品の今昔
●ツーリング用テントの選び方
●ツーリング用寝袋の選び方
●ツーリング中の着替えは?
●ツーリング中の入浴は?
●意外と便利なバスタオル
●コインランドリー活用方法
●ツーリング用カメラの今昔
●パンク修理に使える裏技
●お勧め!ナイトツーリング
●小休止にはカロリーメイト
●意外と重宝する紙の地図
●携帯電話の充電方法の裏技
●初心者でも楽しいツーリング
●特別なトレーニングは必要?
●一日に走る距離はどれ位?
●最近はどこでも寝られません
●四国一周自転車旅(前編)
●四国一周自転車旅(中編)
●四国一周自転車旅(後編)
●琵琶湖一周の良い思い出
●沖縄自転車旅を計画・実行!
●退屈な沖縄までの船旅
●驚愕のプライベートビーチ
●沖縄のハブに怯えて眠る夜
●与論島は星降る夢の島!?
●下り坂のカーブは要注意!
●ツーリングに必要な工具
●チェーントラブルは困りもの
●○○○の痛みの問題点
●上り坂とのうまい付き合い方
●夜間走行の意外な注意点
●レインコートで快適自転車旅
●身だしなみには気を付けよう
●ナップサックは歩行用
●ペダルを漕ぐ靴の重要性
●パトカーの停車命令に驚く
●ドキドキの職務質問初体験
●ママチャリグッズで冬対策
●自転車マラソンに初参加
●初心者を気遣う自転車走行
●ツーリングの予算はいくら?
●輪行で行動範囲を広げよう!
●ツーリング中の盗難対策
●子供と行く自転車ツーリング
●家族が心配に思う事とは?
●プロの自転車屋さんに感動

その他

リンク募集中