自転車ツーリング>●驚愕のプライベートビーチ

沖縄に上陸して、最初に向かったのは海水浴場でした。

とにかく暑いため、まずは海で泳ごうということになり、
最寄の海岸に向かったまでは良かったのですが、なかなか
泳げそうな海岸がありません。

自転車を漕いでいると、ホテルのプライベートビーチの
看板が見えてきました。

一般も入場可能のようですが、なんと海で泳ぐのに500円
の料金が必要との事でした。

地元の海で泳ぐ時もお金など払ったことはありませんから、
正直かなり戸惑いましたが、「話の種に一度有料ビーチで
泳ぐのも悪くないね」ということになり、プライベート
ビーチで泳ぐ事にします。

水着に着替え、ホテルのロビーを抜け海岸に出て驚いたのは、
真っ白な砂浜に沢山の人がおり、その砂浜はゴミひとつ落ち
ていないキレイな砂浜だったのです。

もちろん海の水も青く透き通り、端の方にあるサンゴのよう
な白い岩の上ではちょうどグラビアモデル何かの撮影も行わ
れており、夢のような光景が広がっていました。

太陽の日差しが強烈だと感じながら、存分に泳いだり日光浴
を楽しみます。

ただ、その夜は背中の日焼けが痛くて、なかなか寝付けなか
った事を覚えています。

その夜は、あまりの暑さに宿に泊まろうという事になり、
那覇市内の安宿に泊まる事になりました。

料金は一泊食事ナシで三千円、エアコン付きの部屋はプラス
500円との事でしたから、迷わずエアコン付きの部屋をお
願いします。

近くの食堂で沖縄ソバを食べ、エアコンをガンガンに効かせ
て、沖縄で1日目の夜は過ぎてゆきました。

自転車ツーリング

トップページ
●家出ツーリングの思い出
●自転車ツーリングとは?
●ツーリング用自転車の選び方
●ツーリング時装備品の今昔
●ツーリング用テントの選び方
●ツーリング用寝袋の選び方
●ツーリング中の着替えは?
●ツーリング中の入浴は?
●意外と便利なバスタオル
●コインランドリー活用方法
●ツーリング用カメラの今昔
●パンク修理に使える裏技
●お勧め!ナイトツーリング
●小休止にはカロリーメイト
●意外と重宝する紙の地図
●携帯電話の充電方法の裏技
●初心者でも楽しいツーリング
●特別なトレーニングは必要?
●一日に走る距離はどれ位?
●最近はどこでも寝られません
●四国一周自転車旅(前編)
●四国一周自転車旅(中編)
●四国一周自転車旅(後編)
●琵琶湖一周の良い思い出
●沖縄自転車旅を計画・実行!
●退屈な沖縄までの船旅
●驚愕のプライベートビーチ
●沖縄のハブに怯えて眠る夜
●与論島は星降る夢の島!?
●下り坂のカーブは要注意!
●ツーリングに必要な工具
●チェーントラブルは困りもの
●○○○の痛みの問題点
●上り坂とのうまい付き合い方
●夜間走行の意外な注意点
●レインコートで快適自転車旅
●身だしなみには気を付けよう
●ナップサックは歩行用
●ペダルを漕ぐ靴の重要性
●パトカーの停車命令に驚く
●ドキドキの職務質問初体験
●ママチャリグッズで冬対策
●自転車マラソンに初参加
●初心者を気遣う自転車走行
●ツーリングの予算はいくら?
●輪行で行動範囲を広げよう!
●ツーリング中の盗難対策
●子供と行く自転車ツーリング
●家族が心配に思う事とは?
●プロの自転車屋さんに感動

その他

リンク募集中